リーディング編

書き込みドリル[スコア650]シリーズのリーディング編についてです。

TOEICのリーディングセクションはPart5Part7までありますが、このリーディング編はTOEICPart7のみに対応しています。

書き込みドリル[スコア650]シリーズを一周して、TOEIC初受験をした訳ですが、Part7は実際に私がTOEICを一回受験して一番難しいと思ったパートです。

一番難しいと感じたどころか、最初の受験では時間が足りなくて25問くらい適当に塗りつぶしました。

何とかTOEIC Bridgeを卒業したくらいの語彙力の私がTOEICの勉強を始めたとき、「書き込みドリル[スコア650]シリーズ」の最初にこの教本をやったのですが、意味が分からないけど語注にも載っていない単語が多く、その都度いちいち意味を調べなくてはならなかったのが大変でした。

何とか一周しましたが、もっと難易度の低いボキャブラリー編と文法編を先にやって、語彙力を高めてからやった方が効率的だと思いました。

しかし、一周目を終えたら大分頭に入っていたようで、二周目は割とスムーズに終わりました。

それなりに複雑(な気がする)なので、これを何周かしてスラスラ読めるようになれば、Part7でそれなりのスコアが狙えそうな気がします。

TOEICブログランキングはこちらです(^-^

武藤 克彦 桐原書店 2015-10-14
売り上げランキング : 100674

by ヨメレバ

 

文法編

書き込みドリル[スコア650]シリーズの文法編についてです。

文法編はTOEICのリーディングセクションのPart5の短文穴埋めとPart6の長文穴埋めに対応しています。

文法編には、TOEIC初心者レベルの私で分からない単語のほとんどが、ページ下部や後ろの答えのページに語注として載っていたので、自分で調べる手間が省けて割とスムーズに進みました。

TOEIC初心者の頃は、TOEICレベルのほとんどの単語の意味が分かりませんでしたが、進めていくうちにだんだん単語の意味が頭に入ってきて、この教本をやって前より自然と英文が読めるようになりました。

文法に関して、今まで理解していなかったり忘れていた部分が多かったので、この一冊で大分文法力が身に付いたと思います。

TOEICブログランキングはこちらです(^-^

早川 幸治 桐原書店 2015-10-14
売り上げランキング : 41242

by ヨメレバ

 

ボキャブラリー編

書き込みドリル[スコア650]シリーズボキャブラリー編についてです。

ボキャブラリー編には、TOEIC頻出の英単語の数が1日20個×20日分の計400個の単語が掲載されています。

最初は目で見て覚え → CDも入っていて音で聞いて覚え → 覚えたか確認の問題を解いて → 実際の問題形式で解いて覚えます。

単語数が400個と少なめなので一周するのが割と簡単に終わります。

私は、分厚くて難しい教本を一冊やるより、簡単に終わる教本をスムーズに数をこなしたほうが勉強が進んでいる感じがして、モチベーションが維持できるのでこういう教本の方が助かります。

これをやり終えた後に次の単語帳をやれば、これで覚えた分だけ次の単語帳がよりスムーズに終わるので、楽に感じると思います。

私のようなそういった方にはこの教本はおすすめだと思います。

TOEICブログランキングはこちらです(^-^

武藤 克彦 桐原書店 2015-10-14
売り上げランキング : 101483

by ヨメレバ